【お絵描きアプリ】使わないと損!手ぶれ補正と対称定規

こんにちは、ねこまるです。

前回アイビスというお絵描きアプリの基本的な使い方について説明しました。

アイビスって何?という方はこちら

このシリーズでは、絵を上手に見せる為の基礎について話しています。

前回は主にブラシの選び方とその太さについて紹介しました。

今回は便利なツール、手振れ補正と対称定規についてです。

✓このシリーズで解決できること

・ブラシが多すぎてどれを選べばいいか分からない
・入り抜きって?自動補正?
・強制入り抜きって何?
・綺麗な線が書けない
・絵の雰囲気に合わせてブラシを変えたい

ねこまる
ねこまる

私は指とiPhone11を使って描いているので、それに沿った写真を添付しています。各ツールの場所が違う可能性もあります。

前回分を読んでない方はこちらから。

スポンサーリンク

スマホの方はメニューボタンからも目次が見れるよ!

綺麗な線を描く

デジタルで絵を描くのが初めてだと、紙の上で描くよりも思った通りの線にならないことが多いでしょう。

そんな時に便利なツールや気を付けるポイントなどについて紹介していきます。

綺麗な線の描き方・アイビス

ポイントを抑えて、適切にツールを使用するとこんなに綺麗な線が描けます。

それでは各ポイントの説明にいってみましょう。

手ぶれ補正ツール

手ぶれ補正ツールは、キャンバスを開いて指のようなマークのボタンから開くことが出来ます。

以下各項目について説明していきます。

①手ぶれ補正

「手ぶれ補正」は、その名の通り描いた線を自動で滑らかな線に補正してくれる機能です。

左右にドラッグすることで数値を変更でき、数値が高いほど補正が強くなります。

特に長い線や曲線を描くときに、補正なしとありの違いがよく出ます。

手ぶれ補正

上から順に、手ぶれ補正0・5・10

全て同じブラシで速度も同じになるように描いてみました。

細かいですが、線のがたつきが目立たなくなっているのが分かると思います。

設定の数値は基本的には10で大丈夫です。

デジタルで絵を描くことに慣れてきたら、色々変えて試してみるのがいいです。

補正ゼロまる
補正ゼロまる

私は最初10にしてて、最近5に変えてみました。髪の毛などの長い線を描くことがあまりないので、5でも十分機能しています。

②強制入り抜き

入り抜きについての説明はこちら

強制入り抜きをオンにすると、入りも抜きも③、④で設定した長さに設定できます。

前回、入り抜きの説明で速度によって形状が変わる話をしましたが、

強制入り抜きによって描画速度に関わらず一定の形状の入り抜きを描くことができます。

強制入り抜き・描画速度の違い

このように、ゆっくり描いても同じ形状の線を描くことが出来ました。

使用頻度はあまり高くない機能ですが、髪の毛や服のしわを描くときに便利です。

ゆっくり丁寧に描いても、きちんと入り抜きの設定が反映されるので初心者にはもってこいかなと思います。

設定数値は、元の線の長さに対する入り抜きの長さの割合です。

入り、抜き共に100%にすると、線の中心から入り抜きが始まる設定になります。

描きたいものにあわせて様々な数値に変更してみてください。

抜きは薄くしたいけど、入りははっきりさせたいなんて時は、入りの長さを0%、抜き50%に。

また、ブラシの直径が細い場合、設定数値を高くしすぎると思ったよりも先端が薄くなってしまうので気を付けてください。

※注意点

強制入り抜きは、ブラシの詳細設定で入り抜きの設定があるものだけ反映されます。

例えばGペンは反映されますが、ペンは入り抜きの太さが100%なので反映されません。

設定なしのものに、強制入り抜きを反映させたい場合はご自身でブラシの設定を変更してください。

⑤入り抜きの形状

強制入り抜きをオンにすると入り抜きの形状を2つの種類から選べるようになります。

こちらは太い線の時に違いがよく出るので、主線など細い線で描くものには関係ないです。

違いの分かる画像だけ載せておきます。

上の方(初期設定)が滑らかな入り抜きになっています。

特殊な使用用途がない限りは基本的には元の設定のままで構わないです。

⑥補正方法

手ぶれ補正のタイミングを「事前補正」と「事後補正」から選ぶことが出来ます。

基本的には事前補正で大丈夫で、事後補正はあまり使いません。

事後補正は細かな線の違いを出したい時や角のあるものを描きたい時に向いていないからです。

このように角が丸くなったり、描いた線とは大きく異なる形状になってしまいます。。

線を1本1本丁寧に描くという場合であれば、事後補正でもかまわないと思います。

⑦描画ツール

直線や円、楕円など様々な図形を簡単に描くことが出来ます。

基本的にはドラッグ&ドロップで好きな大きさや形に描画可能です。

四角形や円などには塗りつぶし機能もついています。

図形の描画と同時に塗りつぶしを自動でしてくれるのでとても便利です。

かなり不格好ですが、描画ツールだけで猫を描くこともできます。

どうしても思い描く線に出来ない時は部分的に使うのもいいと思います。

例えば丸みのあるほっぺを描きたい時に、楕円ツールを使って要らない部分を消しゴムで消すなど。

ベジェ曲線や折れ線を使えば、グラフを作ることも出来ます。

数値が必要ない簡易グラフを作りたい時はとても便利です。

過去に投稿した記事内の画像ですが、こちらはベジェ曲線を使用して描きました。

対称定規

対称定規には、線対称・万華鏡・回転対称・配列・パース配列の5種類の定規があります。

ここでは線対称定規についてのみ紹介します。

線対称定規の特徴

線対称定規を使うと、簡単に左右対称のイラストを描くことができます

今回紹介した項目の中で一番使って欲しいツールです。

フリーハンドだと左右対称に描くのは難しいですが、これは何の技術もいりません。

人は左右対称のものを美しいと感じる傾向があるので、積極的に使っていきたいですね。

実際に定規を使って描いてみた絵がこちら。

左:対称定規あり、右:フリーハンド

フリーハンドの方は線のガタつきや左右の違いが気になります。

対称定規ありの時は左右の違いが出ないのはもちろん、

一筆で描く線の長さが、フリーハンドより短くなるのでガタつきも発生しづらくなります。

対称定規はアイコンなど、正面を向いている人物や物を描きたいときにオススメです。

また、左右対称の絵でなくても、一度対称定規で描いてみて、バランスを見ながら下書きをするというのもいいかもしれません。

対称定規でもうまく描けない?

線対称定規を使うと、線が真ん中からはみ出したり、逆に謎の空間が生まれてしまったり

上手く描けない時があると思います。

ねこまる
ねこまる

特に指で描いてる人は、見づらくてありがちな問題かも。

そんな時の解決方法は4つ。

  • とにかくゆっくり描く
  • 失敗は後で消しゴムで消す
  • キャンバスを回転させながら描く
  • 拡大も適宜取り入れる

キャンバスを回転させながら、拡大して描けば上手くいくことが多いです。

キャンバスを回転させるときは、線の進行方向が自分になるように回転させるといいですよ。

また、スマホで描いている方は、拡大なしだと画面が小さくて描きづらいので

これでもかってくらい拡大して描くと綺麗な線になります。

拡大すると全体のバランスが見づらくなるので下書きは事前に用意しておきましょう。

ゆっくり慎重に描いて、それでもはみ出したときは、消しゴムで丁寧に消せば綺麗な線が仕上がります。

まとめ

簡単に綺麗な線を描くためには

✓手ぶれ補正の設定
✓適宜入り抜きや描画ツールの使用
✓線対称定規を使う

実際にキャラクターを描いていきたい方はこちらへ

タイトルとURLをコピーしました