【オススメ】観たらセンスが上がるかも?色使いや衣装がオシャレな映画

こんにちは、ねこまるです。

今回は色使いや衣装に思わずうっとりしてしまうような映画を集めてみました。

スポンサーリンク

スマホの方はメニューボタンからも目次が見れるよ!

グランド・ブダペスト・ホテル

THE GRAND BUDAPEST HOTEL – Official Wolrdwide Trailer HD

第87回アカデミー賞アート系4部門受賞。

観るたびに新しい発見がある、何度も見返したくなる映画です。

概要とあらすじ

概要
諸情報
  • 監督:ウェス・アンダーソン
  • ジャンル:ミステリー/コメディ
  • 公開:2014年
  • 時間:100分
主要キャスト
  • レイフ・ファインズ
    (グスタヴ・H)
  • トニー・レヴォロリ
    (ゼロ・ムスタファ)
  • シアーシャ・ローナン
    (アガサ)
格式高いホテルの威信を守れ!

高級ホテル”グランド・ブダペスト・ホテル”で働く伝説のコンシェルジュ、グスタヴ

その働きぶりから、彼を目当てに訪れる客は少なくなかった。

ある日、彼の上客であるマダム・Dが自宅で何者かに殺害されてしまう。

マダム・Dの遺言から高価な絵画が彼に贈られたことで犯人の疑いをかけられてしまったグスタヴ。

彼はベルボーイのゼロ・ムスタファを連れて、コンシェルジュのネットワークを駆使し、殺害事件の真犯人探しにヨーロッパを奔走する。

オススメポイント

絵画のような世界観

リアリティを求めてみるというよりは、監督の創造したい世界を楽しむ映画。

色使いが素晴らしく、ひとつひとつのシーンが絵画のように美しいです。

劇中で何度もみられるシンメトリーの構図にも思わず見惚れてしまいます。

内容を奥深く理解せずとも、映像を眺めてるだけで楽しめるそんな映画です。

もちろん再度鑑賞して、テーマの意味や、インテリアなど細部へのこだわりを確認するのもオススメです。

テンポの良さ

内容は少し重いですが、そのスピーディな展開で世界観にあっという間に引き込まれてしまいます。

キャストの声

本作のキャストは基本的におじさま方が多いです。

それもあってか、その語り口が心にじんわり染みてきて落ち着いた気持ちで観ることができます。

ねこまる
ねこまる

ジュードロウとビルマーレイといういわゆるイケオジ俳優が出てて個人的にはそれだけで観る価値ありでした(笑)

アトミック・ブロンド

映画『アトミック・ブロンド』予告編

概要とあらすじ

概要
諸情報
  • 監督:デビッド・リーチ
  • ジャンル:アクション/スパイ
  • 公開:2017年
  • 時間:115分
主要キャスト
  • シャーリーズ・セロン
    (ロレーン)
  • ジェームズ・マカヴォイ
    (パーシヴァル)
二重スパイは誰だ?!

東西冷戦末期のベルリンが舞台。

MI6所属の諜報員ロレーンは、凄腕のスパイとして各地で諜報活動を行っていました。

ある日、彼女はMI6に潜む二重スパイ“サッチェル”の正体を暴くために、ベルリンへの潜入を命じられました。

サッチェルの暗躍により、MI6は優秀な諜報員を1人失い、その上最高機密の極秘リストを奪われてしまったからです。

誰が敵か味方かも分からない状況で、ロレーンはどう任務をこなしていくのかーー。

オススメポイント

ポップな音楽と色彩

本作は青を基調とした画面で構成されています。

その中でロレーンの真っ白なコートや真っ赤なドレス、はたまたクラブでの極彩色なシーンなどの鮮やかな色使いがより印象に残ります。

また、西側のシーンでは自由の象徴としてか、ロックやポップスなどがBGMとして使われていることが多いです。

重々しいアクションとは似つかわしくないように感じますが、いいアクセントになっています。

シャーリーズセロンのアクション

主人公ロレーン役のシャーリーズセロンが肉弾戦の重めなアクションをしてます。

劇後半での階段での長回しのアクショーンシーンは必見です。

ねこまる
ねこまる

MI6,CIA,KGB,DGSEなど世界各国のスパイ組織が話に出てくるので一旦予習してから観たほうが分かりやすいかも

her/世界でひとつの彼女

映画『her/世界でひとつの彼女』予告編

概要とあらすじ

概要
諸情報
  • 監督:スパイク・ジョーンズ
  • ジャンル:恋愛/SF
  • 公開:2014年
  • 時間:120分
右タイトル
  • ホアキン・フェニックス
    (セオドア)
  • スカーレット・ヨハンソン
    (サマンサ)
人間の成長とAIの進化

舞台は近未来のロサンゼルス。

セオドアは他人の代わりに手紙を書く”代筆ライター”として働いていた。

長年連れ添った妻に別れを告げられ、想いを断ち切れず傷心の日々を過ごす彼だったが、

ある日、人工知能OSのサマンサという女性と出会う。

彼女はAIで、コンピューターから発せられる”声”でしかないが、驚くほど個性的で、感情的、まるで”本物の人間”のようだった。

彼女とのやりとりによって、セオドアは少しずつ笑顔を取り戻していく。

次第にセオドアは彼女に惹かれ、サマンサもまた彼の心に寄り添って恋人となるがーー。

オススメポイント

徹底した画面作り

全体的に画面が暖色でまとめられていて雰囲気がとても柔らかい。

近未来の話は寒色系というか、金属の冷たいイメージが強かったので意外に感じました。

また、主人公が働くオフィスのインテリアは特に美しく、自分もこんな所で働きたいなと思うような場所です。

スカーレットヨハンソンの声

サマンサを演じたスカーレットヨハンソンの演技力の幅広さには驚きました。

声だけの出演ながら、本当にその場にいるかのような感覚を持ち、心に染み入る声です。

ねこまる
ねこまる

こういう世界もそう遠くないのかなと感じますね。

ストーリー・オブ・マイライフ

<マーチ家の四姉妹>『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』特別映像 6月12日(金)全国順次ロードショー

自分の意志で自分の幸せに向かう女性の物語。

概要とあらすじ

概要
諸情報
  • 監督:グレタ・ガーヴィグ
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 公開:2020
  • 時間:135分
主要キャスト
  • シアーシャ・ローナン
    (ジョー)
  • エマ・ワトソン
    (メグ)
  • フローレンス・ピュー
    (エイミー)
  • エリザ・スカンレン
    (ベス)
劇場版若草物語

舞台は19世紀、アメリカのボストン。

マーチ家の4姉妹、メグジョーベスエイミー

控えめで結婚を夢に見る美しい長女のメグ、社交的で頑固な次女のジョー、

内向的で繊細でありながら強い芯をもつ三女のベス、わがままでおませな四女のエイミー。

個性豊かな姉妹の中で、次女のジョーが小説家としての成功を目指す半生を描いた話。

オススメポイント

衣装

主人公の生家、マーチ家は決して裕福な家ではなかったため豪華できらびやかな衣装が出てくるわけではありません。

ですが、“衣装”ではない洋服の魅せ方がうまく、実際に当時の人々が日々の暮らしで着用していたと感じられるような衣装でした。

また、姉妹それぞれの個性に合わせた衣装の色づかいや形作りが感じられます。

例えばオシャレ好きな四女エイミーはスカートを膨らませたドレスで、次女ジョーは動きやすい形のスカートを着ていたり…。

物語の順序

本作は4姉妹の軌跡を時系列で描くのではなく回想をこまめに挟みながらの展開となります。

この描き方が、過ぎ去った時間はもう取り戻せないということをより印象づけていました。

時系列はかなり入り乱れますが、登場人物の髪形や、画面の色(過去は暖色、現在は寒色)で認識をしやすくしてあるのもよかったです。

キャストの豪華さ

本作は旬な若手俳優からアカデミー賞常連の名優まで豪華なキャストが集結しています。

映画を普段あまり見ない人でも名前は聞いたことあるであろう、エマ・ワトソン。

若手実力派のシアーシャ・ローナンにティモシー・シャラメ。

また、「ミッドサマー」で注目されたフローレンス・ピュー。

さらには、ローラ・ダーンやメリル・ストリープなどのベテラン実力派女優も出演しています。

ねこまる
ねこまる

幼き日の郷愁に浸りたい方はぜひどうぞ。

言の葉の庭

映画『言の葉の庭』予告編映像

“君の名は”でさらに有名となった新海監督の作品です。

ねこまる
ねこまる

“君の名は”や”天気の子”がハマらなかった人にも
これは見てほしい!

概要とあらすじ

概要
諸情報
  • 監督:新海誠
  • ジャンル:アニメ
  • 公開:2013年
  • 時間:46分
主要キャスト
  • 入野自由(タカオ)
  • 花澤香菜(ユキノ)
きっと雨が好きになる

靴職人を夢見る高校生タカオと、心を病んだ女性教師ユキノのお話。

梅雨の時期、庭園で偶然出会った二人は、約束もなく雨の日だけ会うようになった。

二人は次第に心を通わせていき、タカオは孤独に苛まれるユキノの為に靴を作りたいと申しでる。

道は違うけれど、前に進もうとする2人はどこへ向かっていくのかーー。

オススメポイント

情景の描き方

いわずもがな、新海監督作品は雨の描写が繊細で美しいです。

描写の綺麗さとその独特の言い回しに、雨の匂いまで感じられるようでした。

また、光が反射している部分の人物の主線が柔らかい色で描かれていて、それが映画の世界をより温かくしているように思います。

さめまる
さめまる

46分でさっくり見れるので、

この機会に見直してみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました